美白化粧品シミ

シミの軽減が美白に不可避

 これからのことは気をつけられても、もう浴びてしまった紫外線は元に戻せませんよね。今回は出来てしまったしみのケアについて考えてみましょう。

 てきてしまったシミには、ターンオーバーの改善と、メラニンの除去がカギとなります。  まずは丁寧な洗顔で、肌の上の汚れから古い角質まで、やさしくオフします。クレンジングは、刺激のある洗い方はやめて優しく洗い流しましょう。シミができている細胞は刺激に敏感になっています。更なる色素沈着は避けなくてはなりません。
 洗顔料をよく泡立て、優しく泡で洗ってください。その後、こすらないように、水をかけるようにすすぎ、こすらないように、水分をタオルでふき取ってください。洗顔後は、しみに効果的とされる美白成分のある化粧水を使います。強力な美容液をスポットでつかうのも有効とされています。小さく切ったコットンに化粧水をつけて、部分パックをするのもお勧めです。毎日のしみ除去スキンケアの締めくくりは、化粧水の蒸発を防ぐ乳液やクリームをぬること。
 色むらのない美白のために、これまでのしみの改善を行えたらいいですね。

しみができる原因紫外線

紫外線が皮膚に強くあたるとメラノサイト、ケラチノサイトの細胞が傷がつくことでシミの原因になります。 肌には修正する力が備わっているので、年齢が低い時は、肌を修復する機能により肌にうけた紫外線も回復力によって、シミにならずに保ってくれています。しかし、年齢が高くなると肌を守る回復力は減少していきます。年々受けてきた紫外線による遺伝子の傷が、加齢により肌を守る機能も衰えてメラニンの異常生成を起こし、シミの原因となります。女性の肌は、25歳前後からすこしづつ老化が始まり、30歳代後半から40歳代前半にシミが増加するといわれています。ですので、しみを防ぐ対策としてはこの時期のケアが一番大切です。

しみの原因メラノサイト

シミの原因はメラノサイトがメラニンを作り肌に残ることが原因です。 紫外線を浴びると、肌の基底層メラノサイトと呼ばれる色素細胞が活性化して、シミの元であるメラニン色素を発生させます。紫外線を浴び続けると蓄積していきます。蓄積してメラニン色素が肌シミとなって30代後半から出てきてしまいます。 しみ治療成分の一つであるハイドロキノンは、メラノサイトの動きを抑制する働きがあり、メラニンの生成を抑制することで知られています。ハイドロきノンが配合された美白化粧品はビーグレンやアンプルールなどがあります。

しみの原因メラニン

メラノサイトがメラニンを生成されるまでには段階があり、メラノサイトはまず、チロシンを生成します。。 チロシンはタンパク質を構成するアミノ酸であり、極性無電荷側鎖アミノ酸あるいは芳香族アミノ酸に分類される糖原性・ケト原性を持ちます。 チロシンはドーパに変換されドーパキノンに変換されメラニンと変換されていきます。 チロシンは甲状腺ホルモンのチロキシン、トリヨードチロニンやメラニン色素、生理活性なカテコールアミンであるドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンの前駆体になります。 チロシンがドーパに変換されドーパキノンに変化するには、酵素チロシンヒドロキシラーゼという物質(酸化酵素)が関係しており、酵素チロシンヒドロキシラーゼは、チロシンを酸化によりドーパに変換され、さらにドーパを酸化させドーパキノンに変換します。ドーパキノンは、L-ドーパ の代謝物であり、メラニンの前駆物質になります。最後にドーパキノンが酸化、重合し、黒褐色の真性メラニンになります。 メラニンは、皮膚の表皮最下層の基底層や毛髪の毛母などにあるメラノサイト(色素細胞)で生成され、一部は網膜色素上皮細胞で生成されます。

美白成分15種類のおすすめポイント

美白成分のビタミンC誘導体
ビタミンC誘導体美白と肌の再生作用があるが、そのままの形では肌に吸収されず紫外線によって破壊されやすい性質のビタミンCを、誘導体にすることで安定化させたものです。体内で酵素反応によりビタミンCになります。メラニンが生成されるプロセスを阻害するだけでなく、メラニン色素の還元作用もある、美白に優れているが、刺激が強いため肌を乾燥させる作用があるので保湿成分も入った美容液で取り入れると良い。美白成分のビタミンC誘導体が入っている美白化粧品はコチラ
>>アスタリフトホワイトの体験談
>>decenciaサエルの体験談

美白成分のハイドロキノン
チロシナーゼ活性化を阻害する作用と、数少ないシミを直接漂白する成分(漂白・還元)を薄くする漂白・還元作用の両方を兼ね備えています。「お肌の漂白剤」とも呼ばれるほど高い美白効果がある成分です。美白効果が高い分、刺激が強く安定性が悪いため、不安定なため皮膚への刺激性が強いことが理由により日本では皮膚科等での処方のみに制限されていました。現在は低濃度であれば化粧品にも配合できるようになり、近年改良が進み低刺激で安定性の高いハイドロキノンが開発されるようになりました。通常の美白成分で対応できない肝斑にもお使いになれます。美白成分のハイドロキノンが入っている美白化粧品はコチラ
>>ビーグレンの体験談
>>アンプルールの体験談

美白成分のルブチンコケモモや西洋梨、ウワウルシなどの植物
アルブチンコケモモや西洋梨、ウワウルシなどの植物に含まれている成分です。チロシナーゼに直接作用してメラニン生成を抑えます。また、肌に吸収されるとハイドロキノンになり、メラニン色素を除去する働きも持っています。α-アルブチンとβ-アルブチンがあり、どちらもハイドロキノン誘導体ですが、ハイドロキノンに比べ皮膚への刺激はほとんどなく安全性が高いため、多くの化粧品に配合されています。

美白成分のエラグ酸
ブラックベリー、ラズベリー、イチゴ、ザクロ、ユーカリなどの植物に含まれる美白成分、天然フェノール系の抗酸化物質で、紫外線で活性化する酵素チロシナーゼの銅イオンを奪うことで働きを阻害し、メラニン産生を抑える働きがあります。ライオンが開発しました。ハイドロキノンと同等の力がありますが配合濃度が制限されており、またアルブチン同様に肌に刺激が少なく海外ではサプリメント成分としても製品化されています。

美白成分のルシノール
正式名称は「4-n-ブチルレゾルシノール」POLA化粧品がシベリアのモミの木に美白効果を示す成分があることを発見し開発されたものです。医薬部外品の美白成分で、ハイドロキノンと似た構造を持ちます。ごく微量で効果を発揮し、そのチロシナーゼ阻害作用はアルブチンの数万倍とも言われています。メラニン細胞が出来ない形にしてブロックします。お肌への浸透性がよく、安定性が高いのが特徴です。美白成分のルシノールが入っている美白化粧品はコチラ
>>ホワイトショット体験談

美白成分のカモミラET
カミツレ、カモミールとしても知られています。花王が独自に開発した、カモミールから抽出している美白成分です。シミを作るようにメラニンの生成を促す情報伝達物質エンドセリンを抑制します。「エンドセリン」はシミの部分に多いことから、シミが薄くなる効果をもたらします。一般的にハーブティとして親しまれている薬草です

美白成分のトラネキサム酸
メラニン色素が生成されるのを抑える働きと、炎症を抑える働きがあります。美白効果だけでなく、肝斑や肌荒れを改善する効果もあります。資生堂が医薬品である抗炎症剤を改良して開発し「エリクシールホワイト」や「HAKU」、「アクアレーベル」に配合されている美白成分です。これまで難しいとされていた肝斑(かんぱん)を改善する飲み薬として認可を受けました。美白成分のトラネキサム酸が入っている美白化粧品はコチラ
>>資生堂エリクシールホワイトの体験談

美白成分のリノール酸S
サフラワー紅花油から抽出された成分でチロシナーゼを分解して、余分なメラニンを生成させないように働く成分です。サンスターが開発しました。リノール酸は油性のため肌への浸透効果が高すぎて、メラニンがある細胞層を通過してしまうため、高い効果が得られにくい点を改善したものです。

美白成分のコウジ酸
みそやしょうゆなどの麹菌由来の成分です。酒などの醸造所で、コウジ菌を扱う人の手が白く美しいことから発見されたといわれています。1988年にシミの原因となるメラニンの生成を抑え、三省製薬がシミ・ソバカスを防ぐ有効成分第一号として厚生労働省に認められたものです。チロシーゼの働きを抑える作用があります。美白成分のコウジ酸が入っている美白化粧品はコチラ
>>デルメッドの体験談

美白成分のプラセンタエキス
動物の赤ちゃんが育つために必要な胎盤から抽出される成分で、メラニンを作るチロシナーゼを抑制するので美白効果が期待できます。アミノ酸、ビタミン類、ミネラル類などが含まれており、新陳代謝や血行を活発にし、乾燥、しわ、たるみなどのアンチエイジングへの効果があります。注意点は濃度の高いものを選ぶことです。

美白成分のセラミド
肌の保湿の最初のバリアーを守る成分。肌の乾燥は皮膚の表層のバリアーが破壊されることで起こり、このようなときに有効な成分です。肌のターンオーバーを改善し水分が蒸発しない環境を作ります。美白成分のセラミドが入っている美白化粧品はコチラ
>>decenciaサエルの体験談

美白成分のマグノリグナン
カネボウが開発したモクレン抽出したポリフェノール。これまでと全く違うアプローチでメラニン細胞の働きを阻害します。メラニン細胞を活性化させるチロシナーゼのたんぱく質が成長しないように働きかけ、シミの産生をブロックします。臨床試験から出来てしまったシミの数、大きさ、色合いが減少することが確認されています。

美白成分のアスタキサンチン
フジフィルムが開発した美白成分。アスタキサンチンの高い抗酸化作用が紫外線から肌を守る美肌効果を発揮します。抗酸化作用はビタミンEの数百倍もあると言われ、肌の老化によって起こるシワ、たるみなどを防ぐのは老化の原因物質である、活性酸素を強力に除去する作用があるからだと言われています。美白成分のアスタキサンチンが入っている美白化粧品はコチラ
>>アスタリフトホワイトの体験談

美白成分のt-AMCHA
メラニン生成を指示する「プロスタグランジン」の生成を抑えることで、メラニンが産生されないようにすることに成功した新しい美白成分。紫外線の働きでメラノサイトを活発化させるプラスミンの働きを阻害し、シミの産生を抑える働きもあります。美白成分のt-AMCHAが入っている美白化粧品はコチラ
>>資生堂エリクシールホワイトの体験談

美白成分の4MSK
資生堂が開発した成分でメラニンの抑制と排泄に働きます。サリチル酸の誘導体で、4-メトキシサリチル酸カリウム塩の略称です。酵素チロシナーゼの活性を抑え、メラニン生成を抑制するだけはなく、シミ部位で発生しているターンオーバーの乱れに働き、溜まったメラニンを排出します。

美白化粧品公式サイト比較

美白化粧品口コミレビュー美白化粧品一覧

ハイドロキノンとトレチノインの2種類の美白成分

ハイドロキノンはシミをつくる過程をブロックし、トレチノインは肌の新陳代謝を促す成分

顔に突然現れるシミは、実は突然できるわけではなく、毎日紫外線を浴びることによって角質にメラニンが生成され、それがだんだんと濃くなっていくことで顕在化するものです。 人間の肌は紫外線の強力な光線を浴びると細胞を守ろうとしてメラニンを生成しますが、何も防御を行っていない素肌に紫外線を浴びるからこそ、メラニンをたくさん生成してしまうのです。 美白のためには、シミをつくらない=メラニンを生成しない=紫外線を浴びない、肌の防御を行うことが必要不可欠です。レーザーなど特殊な技術を使用しない限り、シミそのものを取り除くことは難しいのですが、日焼け止めなどを使えば毎日無理なく美しい肌をキープすることも可能です。

できたばかりでまだ薄いシミについては、肌がターンオーバーを繰り返すことで徐々に排出されていきますが、年齢とともにターンオーバーのサイクルが遅れていくと、シミがいつまでも顔に残り続けるようになります。したがって、シミそのものを減らすためにはターンオーバーを遅れさせないようにスキンケアを行い、肌に良い栄養素を食べ物などから摂り入れることも大切です。 深いところまで入り込んでしまったシミについては、レーザー治療やピーリング、ハイドロキノンなどの美白成分を塗布することで解消することができます。シミの程度によって最適な治療方法が変わってくるので、皮膚科や美容皮膚科を受診し、医師の説明を受けてから判断すると良いでしょう。

短期間で効果が上がると言われるレーザーは、肌が弱い方にはあまり向いていない処置です。ある程度時間はかかっても肌に負荷の少ない方法を選択したい方には、ハイドロキノンとトレチノインの2種類の美白成分を組み合わせて治療する方法がオススメです。 ハイドロキノンはシミをつくる過程をブロックし、トレチノインは肌の新陳代謝を促す成分なので、加齢やホルモンバランスの乱れなどによって肌の代謝が遅れがちな方にも最適な方法になります。

美白化粧品ランキング

アスタリフトホワイト美白トライアルキット

アスタリフトホワイト

富士フイルムが開発した美白化粧品アスタリフトホワイトついに美白化粧品に登場しました。富士フイルム独自のナノユニット技術で極小化した「ナノAMA」を開発した アスタリフトホワイトは、ナノと美白でシミの元に届いて働くきかける美白ケアで透明感あふれる肌を目指した美白化粧品です。 さらに保湿やハリにこだわるアスタリフトシリーズの主成分も配合しています。 ナノAMAと美白有効成分が狙った場所に肌の奥の奥まで届いて働きかけます。 美白ケアをしながら、ハリ・うるおいもキープしたい方にオススメの美白化粧品です。

 

>>アスタリフトホワイトの体験談

>>公式サイトはコチラ

 

価格 送料 評価
1,050円 無料 美白,化粧品,ランキング,比較,体験談

decencia

ディセンシアサエル

POLA-ORBISグループの最新の研究結果からdecencia「saeru」は生まれました。decencia「サエル」は、「敏感肌なので美白化粧品はちょっと効きにくい」という多くの女性が持つ悩みを解消するために生まれました。

敏感肌の方は紫外線ダメージを受けやすく、炎症による過剰メラニンによって美白が効きにくいという状況を生み出していました。サエルは敏感肌を守りつつ、バリア機能を修復させる「ヴァイタサイクルヴェール(R)」によって角層ケア、表皮、基底層の3ステップで美白を作り上げます。
私は敏感肌で美白化粧品を使うとお肌がピリピリしていたんですが、decenciaを使うようになってピリピリもなくなり、肌荒れもなくなりました。今ではdecenciaを使っていてシミやくすみも減ってきて、肌に透明感がよみがえってきたように感じます。

 

>>decenciaの体験談

>>公式サイトはコチラ

 

価格 送料 評価
1,480円 無料 美白,化粧品,ランキング,比較,体験談

ビーグレン

ビーグレン

ビーグレンは、ハリウッドセレブの間で広がったバイオテクノロジーの最先端をいくアメリカで生まれた美白化粧品です。

無駄な宣伝費や不必要な包装を一切排除して、その分を研究開発に注ぎ、お肌トラブルを解決することだけに集中して作られました。
テレビCMなどはされていませんが、口コミで広がった効果抜群の美白化粧品です。

 

>>ビーグレンの体験談

>>公式サイトはコチラ

価格 送料 評価
1,800円 無料

資生堂エリクシールホワイト

アンプルール

資生堂のエリクシールホワイトは、クリアな肌体感で メラニンベールを防ぎ美白とエイジングケアができる美白化粧品です。 。

資生堂といえばだれもが知っている日本国内シェア第1位の化粧品メーカーです。操業140年の老舗化粧品会社ですので、美白化粧品の長年の研究は商品に反映されていますね。

美容家などにも愛用者が多く、美白ケア、エイジングケアにおいてはおすすめできる化粧品です

 

>>資生堂エリクシールホワイトの体験談

>>公式サイトはコチラ

価格 送料 評価
1,296円 無料 美白,化粧品,ランキング,比較,体験談

アンプルール

アンプルール

美容皮膚科である高橋聡子が研究開発をすすめ、ついに医師による医師にしか作れないメディカルコスメ「アンプルール」を作りました。

医師にしか作れない、確実な美白効果を実感できる、安全性の高い化粧品で、「セラピューティック・スキンケア」(セラピーを目的としたスキンケア)となっています。
今ならアンプルールは初回限定トライアルキットを発売しています。

 

>>アンプルールの体験談

>>公式サイトはコチラ

価格 送料 評価
1,890円 無料 美白,化粧品,ランキング,比較,体験談

ホワイトショット

ホワイトショット

あのポーラが誇る美白成分ルシノールを配合したホワイトショットシリーズのひとつ。

そのルシノールが、クイックメラニンロック機能をもつ、オリジナル複合成分ルシノールQLに

なってパワーアップした10gをお試しすることができます。

 

>>ホワイトショット体験談

>>公式サイトはコチラ

価格 送料 評価
6,825円 無料

デルメッド

デルメッド

デルメッドは美白のパイオニア、三省製薬が作り上げた努力の結晶です。

独自の美白複合成分「ビュールブラン」を配合し、4ステップでシミのもととなるメラニンを完全ブロックします。
メラニン排出、メラニン生成の防御にすぐれた化粧品、美容液です。
今なら1,575円の初回トライアルキットをお試しすることができます。

 

>>デルメッドの体験談

>>公式サイトはコチラ

価格 送料 評価
1,800円 無料

ライスフォース

ライスフォース

1,000万本突破!美白と保湿を集中ケアできる美白化粧品が、ライスフォースです。

ライスパワーNO.11エキス高配合の深層保湿化粧水は、シミ対策をはじめ、

乾燥肌や敏感肌、トラブル肌でお悩みの方にお勧めです。

さらに、その効果を高める美容液、肌をまもるクリームをセットにしてご用意しました。

 

>>ライスフォース体験談

>>公式サイトはコチラ

価格 送料 評価
945円 無料

 

 

美白化粧品ランキング